夏コミまであと3日!!緊急企画!モバミちゃんインタビュー!

皆様こんにちは。

いつもMobageDevelopersBlogご愛読いただきありがとうございます。

またまた登場の編集長@恐くないよumakoです。

美少女Mobage公式ツイッターアカウントでもお伝えしましたが、昨年末の「冬コミ」に続いて「夏コミ」も出展させていただくこととなりました!ワーワー!

今日は、当社のコミケを主担当している美少女Mobageチームから、

なんと!あの!「モバミちゃん」に突撃インタビューをしてきました!当社ブースの魅力やお楽しみ情報をお伝えできればと思いますので是非ご覧ください!

なお、諸事情によりイメージイラストのみの出演となります。

※モバミちゃんのプロフィールはコチラ

-------------------

 

夜11時半、渋谷駅前の大型ビルにて・・・

 

U:すいません、モバミちゃんいますか?

モ:あーー、ここです。ここにいます。席じゃなくて後ろのソファースペースのところですよ!抱きまくらに囲まれているのが私です!

 

U:なんですか!小洒落た近代的オフィスのどまんなかに突然発生した汚部屋空間は!食べ終わった弁当箱と資料だらけじゃないですか!

 

モ:そぉーなんですよ。コミケの準備をやってるうちに、校正用原稿やらサンプルのグッズやら、食べかけのお弁当やらがたまって、なおかつ忙しすぎて家に帰れないので、こんな状況になってしまいました!

 

U:そ、そうなんですか・・・その話題のコミケについて今日はいろいろお伺いしていいですか?Mobage Developers Blogに掲載しますので!

 

モ:あーー、はい。ちょっと今姿をお見せできないほどくたびれ切っているので、イメージイラストを掲載いただけるのならオッケーですよ!あとあんまり近づかないでくださいね!お風呂3日まともに入っていないんでちょっと臭うかもです!

 

U:うーん、未だかつてない最低なイントロですね~・・・


 

――――早速だけど、モバミちゃんにとって、コミケってひとことでいうと何だと思う?

 

モ:そうですねぇ。お祭りですねぇ!学校の文化祭みたいな感じです。みんなで一致団結して準備する一体感をとっても強く感じますよ! ・・・といっても私は学生の頃はボッチだったんで実際の文化祭での様子はよくわかりませんがっ!

 

U:不憫な子だったんですねぇ。具体的にはコミケのどういったところで一体感を感じるのですか?

 

モ:コミケってボランティアの皆様で運営されているんですが、しっかり運営しないとコミケ中止のリスクがあるので、声を掛け合いながら全員で良いものにしていく雰囲気が、一体感を感じますね!あと1日目の会場オープン時にみんなで一斉に拍手してから始めるんですが、結構感動的ですよ。

 

U:拍手ですかぁ、いいですね~。来場者は多いんですか?

 

モ:多いです!3日間で50万人近くいらっしゃいます!国内のイベントとしては最大級らしいですよ!これだけたくさんの人数が詰めかけるのは世界を探しても他にイスラエルのメッカぐらいしかないって言ってました!

 

U:それは具体的には誰が言ってたんですか?

 

モ:えっ?それグイグイ聞くような重要ポイントですか!? ・・・そう聞かれてもパッとは出てこないんで・・・たぶん親戚のおじちゃんだと思います。

 

U:それはマユツバものですねぇ。

 

――――コミケならではのエピソードって有りますか?

 

モ:コミケって、同人誌即売会で、普段は買えないようなグッズや本を買えるとっても貴重なチャンスなんです!だから、どこのブースから見るか、どうやって移動するか、ってルートを事前に考える必要がありますね。私も個人で参加してる時は友達にお願いされて、人気サークルの本を買うためによく並んでました。こういうのをファンネルってよく言うんですけど・・・

 

U:いわゆるパシリですね!

 

モ:そう言うと傷つくからファンネルって言うんですけどねっ!まぁ、私って運動神経良くないんで、間に合わなくて買えない事もよくあって、駄目ファンネル、略して駄ファンネルって呼ばれてました・・・今でもたまに駄ファンネル化してますね・・・この前もスタッフTシャツの発注でいろいろヤラカしましたし・・・

 

U:他にもコミケならではのエピソードってありますか?駄ファンネルさん!

 

モ:会場内は携帯電話もつながりにくいんで、トランシーバーで連絡を取り合ってたりするんですよ!ちなみに美少女Mobageブースでもスタッフ間の連絡にトランシーバーを使ってました!って、ちょいちょい失礼ですね~・・・

 

――――コミケに行ったことが無いんだけど、初心者でも行って楽しめる?

 

モ:もちろん楽しめますよ!コスプレコーナー行ったり、同人誌の販売スペースで本を見て回ったり、売り子さんと話してみたり、もちろん企業ブースで公式グッズを買ったりするのも楽しいです!

 

U:普通に朝から行けばいいんでしたっけ?

 

モ:朝からだとものすんごく混んでいるので、逆に大変だと思います!雰囲気を味わうだけなら午後2時ぐらいに行くと若干人混みが緩和されているのでお勧めです!朝から行くとなると、会場に入るために2時間以上並ぶ事もありますからね!

 

U:へぇ~、そんなに人が多いとトイレとかも大変ですね!

 

モ:トイレ2時間待ちとかはザラです!だから、訓練された人は前日夜からウィダーインゼリーだけで生活して、当日は倒れない程度の栄養補給をしていく人もいますよ!修行僧みたいですね!

 

U:なんだかものすごい準備ですね・・・他にも準備とかいりますか?

 

モ:コンビニも自動販売機も売り切ればっかりなので、飲み物はあらかじめ買ってから来てください!あとお買い物用に1000円札や500円玉をちゃんと準備すること!貴重品は持ち歩かないこと!あとデートがてらで来ると確実に雰囲気が悪くなるのでやめたほうがいいです!

 

U:なんでデートに向かないんですか?

 

モ:それは・・・その、薄い本とかの表紙にいろいろ載ってるし、BL的なものもありますし、いろいろ困ることがあるかと思いますよっ!よく知りませんけど!

 

――――ところで、去年の冬コミも参加したけど、そのときの反省点があったら教えて?

 

モ:前回の冬コミ(C85)は、初出展だったので全般的に時間との戦いでした!冊子の校正、ブースデザイン、コンパニオンの衣装、搬送手段の確保、そして関係各所との調整等、はじめての事だらけの中、手探りで進めたみたいです!

 

U:それは大変ですね。

 

モ:でも、結果として当日は大きなトラブルもなく、コミックマーケット事務局からもご来場のお客様からも高い評価を頂いたので喜んでいました。

 

U:成功の秘訣は何でしょう?

 

モ:さぁ~私は本人じゃないので知らないんですけど・・・

 

U:知らないんですね・・・やっぱり駄ファンネルですね・・・

 

モ:えーと、たぶん、本人たちがコミケの事と美少女Mobageのタイトル一つ一つについてとっても大事に考えていたから、一切手抜きせずにやり切れたんじゃないかな、と思います。きっと。


 

――――なるほどねー。今年のコミケに対する意気込みをお願いします!!

 

モ:今年は、前回より大きなブース、前回を超えるタイトル数、そして新しい試み(特製モバコインカードの制作や、クリアポスター等の企画、そしてまだ教えられない特別な制作物等)を準備しています!前回よりも多くの皆様に、よりたくさん楽しんでもらいたいと思い、前回以上の手間暇と知恵を絞っています!お楽しみに!

 

U:ブースにご来場のユーザーの方へのメッセージはあります?

 

モ:夏コミはマジで命に関わるから、万全の体調で来てくださいね!美少女Mobageブースは企業ブース入り口のすぐヨコです!当日公開のあっと驚く情報もありますので、お見逃しなく!

 

U:ゲームデベロッパーさんへのメッセージもお願いします。

 

モ:美少女Mobageでは、美少女スペシャリストなるメンバーとともに、一緒になってより良いゲームの企画・開発・プロモーションを実施してます!一緒にゲームを作りたい人は是非お声掛けくださいね!あとモバミちゃんをゲームに登場させたい時もおっしゃってください!ビール1杯ぐらいで出せますよ!

 

U:おぉ・・・。では最後に守安社長へのメッセージをお願います。

 

モ:来るって言ったんだから絶対来てくださいよねっ!って●●●●(編集部検閲)さんが言ってました!

 

U:なるほど・・・

 

モ:あと、コミケ3日目は評論サークルが結構来ていて、ゲームの評論本も多いので、是非購入して読んでみてください!とっても参考になりますよ!また、アニメやゲームファンの方々がどんなところに魅力を感じているのか、コミケに参加されている皆様の様子を是非直接見てみてくださいね!


 

――――インタビューに答えてくれてありがとう!!コミケまであと1週間!準備、頑張ってねー!

 

モ:はいー。ひゃっ!また今日も終電を逃してしまった・・・シクシク・・・あーん頭が痒いよぅ。

icon_image.png


おわり

--------------------


いかがでしたでしょうか??

モバミちゃん、ただのヘタレかと思ったらけっこう芯のしっかりしたお話上手のお嬢さんでしたw


たくさんの人でごったがえすコミケ会場も14時には落ち着きを見せるそう。

デベロッパーの皆様も、ユーザ理解を深める機会を過ごされてはいかがでしょうか?


初心者の皆様、ブースに来ていただく予定のユーザの皆様も楽しんで頂けますよう

スタッフ一同お待ちしております!