リリース2周年の『FFRK』が今も支持される理由(チームリーダー佐伯嶺インタビュー)

こんにちは、Mobage Developers Blog 編集部です。

2016年の9月に、2周年という節目を迎えた『FINAL FANTASY Record Keeper (以下、FFRK)』の佐伯嶺チームリーダーが、いま何を考え、ユーザさんとどう向きあっているのかを聞いてみたいと思います。

 

 

 

12万通のアンケートで確信を得たFFファンの「熱量」

――『FFRK』が2周年ということで、どんな想いで企画をされたんですか

佐伯:「FFってやっぱり偉大だな」と常々感じています。各シリーズが全然違うコンセプトにも関わらず、それぞれに熱いファンがたくさんいますよね。そんな「皆が大好きなFF」が集まってるから、『FFRK』は支持を受け続けることができ、結果2周年を迎えられたと思っています。なので「FFファンが集まるこの場って本当に素敵だよね」というメッセージでお祝いしたいと考えました。

――方向性が決まり、具体的な施策はどのように検討、実現していったのかを教えてください

佐伯:まずユーザさんにアンケートをとりました。自由回答を多く設定していたので、あまり多くは集まらないと思っていたのですが、予想をはるかに超える12万件もの回答をお寄せいただけたんですよ! 「FFのどのシリーズが好きですか? 好きなシリーズについて語ってください」という質問に対して、複数シリーズ選んで、それぞれについてすごく熱いコメントをくださる方が大勢いて。読んでいるだけで、自分もチームも感動して胸を突き動かされたんですね。この熱量をそのままユーザさんと共有したくて、「Record Chronicle(レコードクロニクル)」というコーナーを制作し、コメントを掲載させていただきました。

いままでの『FFRK』は「FFをプレイした記憶」を再現していたんですけど、2周年はそれをもう一段メタ的にして、「FFを語った記憶」も再現しています。

→FFRK2周年記念特設サイトはこちら

当時『FF』を遊んだときには、まだインターネット環境が普及していなかったからというのもあって、家で『FF』やって、学校に行って、友だちと「あそこどうやってクリアした?」って話したりするのがすごく楽しかったんですよね。それこそが『FFRK』で実現したいコミュニケーションだと思っています。

成宮さんにご出演いただいたCMもそのコンセプトで、サラリーマンに扮する成宮さんが「パロム…ポロム…」みたいな感じで思い出して感極まっちゃう、という場面などで表現できたのではないかと考えています。

――結果、非常に盛り上がったと思うんですが、何が良かったのでしょう

佐伯:「FF好きな人たちが集まる場所」が『FFRK』だとしたら、『FFRK』開発チームは「FFの大ファンが集まっている開発チーム」です。FFファンである自分たちが「こんなことあると楽しい」とか「FFのこういうところがいいよね」と考えて実現していけたのがよかったのかなと思います。
ここに関してはスクウェア・エニックスさんの協力体制も非常に心強く、たくさんの施策量にも関わらず、素早くすり合わせして進行していくことができたため企画していたことのほとんどを考えた通りにユーザさんに届けることができました!

「すごく面白くできたので、一回やってみてください」

――運営していく中でユーザさんとのすれ違いを感じたことはありますか

佐伯:最近一番大きかったのは、マルチプレイ(複数ユーザによる同時プレイ・上の画面)を導入したときですね。「FF」や『FFRK』=「一人でプレイするもの」というイメージが強く、初めて「マルチプレイを導入します」と発表したときは、ユーザさんたちの拒否感がすごく強かったんですよ。想像していた反応でもあったんですけど、マルチプレイ導入の意図として「FFというゲームをやって、それについて語り合うのって楽しかったよね」という原体験をゲームの中に再現したいというのがあって、その意図や楽しさをユーザさんに理解してもらえればきっと受け入れていただけるのではないか、と思ってました。

――最初に拒否反応があったのにもかかわらず、リリースまでにどうやって理解を得ていったのですか

佐伯:「何でマルチプレイをやりたいと思ったか」という想いも含めて、とにかく情報を隠さずにしっかりユーザの方々へお伝えし、コミュニケーションとりました。最初は一部のユーザさんに限定して遊んでいただきましたが、「いただいたご意見は全部聞きます」と何度もアンケートを実施させていただきました。次に実施した、すべてのユーザさんに向けたβテストも「今回はテストバージョンで、このまま実装はしません。ただ、面白いものが作れたので、一回遊んでみてもらいたいです」という意図をお伝えして、報酬もほとんどない状態でゲームを遊んでいただきました。

「新機能!これで行くぜ!」という形ではなく、「皆で作っていく『FFRK』だし、一緒に盛り上げてもらいたいんです!さらに面白くするので意見ください!」と、丁寧にコミュニケーションをとりながら進めさせていただくことができました。

▼ランチタイムにマルチプレイで遊ぶDeNAの『FFRK』チームメンバー

――ユーザさんの側にも、それだけ『FFRK』に対する思い入れがあるんですね

佐伯:公開プランも、うまくいかないパターンから成功パターンまで、複数シナリオを用意しました。たとえば、うまくいかなかったらマルチプレイはミニゲーム的に使うことも考えていて。でも「新しい面白いものを提供したい」という意志と、「面白いものを作れた」という自信もあったので、何とかユーザさんに受け入れてもらうために、「こういう風に受け止めていただけたら、次はこうしよう」と、どのようにでも舵を切れるようにしてました。

――丁寧なコミュニケーションを経て、マルチプレイは正式実装されました。反応はどうでしたか?

佐伯:まだまだ改善点はあるものの、まずは理想に近い状態で受け入れていただけたと思います。当初の予定から変えた部分としては、最初はマルチプレイでしか遊べないダンジョンも作ろうとしていたのですが、ご意見やアンケートを見てやめました。運営は「せっかく作ったから」と押し付けてしまいがちなのですが、一人でプレイしたいユーザさんもいらっしゃるので、そこは大事にしないといけないなと。

『FF』で遊んだという文化を守り、届けていきたい

――意思決定が必要な際、いろいろ選択肢があって迷うと思うのですが、指針にしていることはありますか

佐伯:正解は無いし、選択できる道って実はそんなに多くないと思うんです。どっちもそんなに変わらないならスピード重視で決断して、それを正解の道にすることに時間を使った方がいい。チーム内でも自分が一番「FF」が好きだと思ってるので、「こっちの方がFF感がある」という自分の感覚を信じて決めています。

――最後は心の声なんですね。そんな佐伯さんが、誰に何と言われようと変えない、『FFRK』ユーザへ一番提供したいものはなんですか?

佐伯:「FFであること」ですね。その世界観を大事にするためにもスクウェア・エニックスさんとの連携をしっかりと取り、丁寧に監修いただいています。ただ、それは「FFをそのまま単純コピーする」ことではありません。同じボスに同じ動きをさせても、初めて遊んだ当時と同じ感情にはならないんですよ。「このボス戦にはこういう準備があって、ここで苦戦したんだよね。でも、こういう倒し方をしたら気持ちよくて……」という体験や感情ごと再現することを大事にしています。それが「記憶を取り戻す」という『FFRK』のテーマの本質です。

――その「想い」って、どこからくるものなのでしょうか

佐伯:自分自身、「FF」をプレイして楽しかったという経験が人生に大きく影響しているので、それを改めて皆と共有したいし、まだ「FF」をやったことがない人にも感じてもらいたいんです。一番最初にファミコンで『FF』をプレイしたときのあの感動は、あの当時だからこそのものです。でもそれが本当に素晴らしい体験だったから、やったことない人にもあの感動をなるべくそのまま届けたい。文化を守るというと大げさなんですけど、「FFすごい!楽しい!」という文化を守っていきたいんです。

――その想いとともに、今後『FFRK』でやっていきたいと考えていることがあれば教えてください。

『FF』は来年でなんと30周年を迎えます。長い歴史のあるシリーズなので『FFRK』はまだ再現できていないことが一杯あります!バトル面でもシステム面でも、できてないことがやまほどあって…これからも積極的にそういうところを作っていきたいです。また、「『FF』って楽しいよね!」という気持ちを、改めていろんな人に思い出してもらえるとうれしいので、遊んでいただける方をもっと増やすためにも情報を伝えるチャンネルを増やしていきたいと思ってます。

――最後に、ゲームを作っていく人・これから作りたい人にメッセージをいただけますか?

佐伯:ゲームを作っていくというのはとても大変なことですけど、エンターテインメントなので、眉間に皺をよせながら作るよりは楽しく作った方がいいと思っています。ですから、私の座右の銘は「鼻歌まじりに命がけ」。

作りたいものの理想の姿を掲げながら目の前のひとつひとつを命がけで作っていけば、おのずと道は開けるのではないかと信じています。好きなことも嫌なことも本気で楽しんでやっちゃいましょう!

 

好き嫌いせずに目の前のことをがむしゃらに、でも楽しんで取り組んでいけたら、結果はついてくる…ということですね。座右の銘も、本当に『FFRK』・『FF』を楽しんで制作されている佐伯さんのお人柄そのものだなと思います。

制作サイドがユーザさんにも負けない『FF』愛を持って向き合うことで、『FFRK』がより愛される作品となっているではないでしょうか。

――ありがとうございました!

『FINAL FANTASY Record Keeper』公式サイト