東京ゲームショウ2014出展レポート

 

みなさんこんにちは。

 

DeNAが6年ぶりに出展することになった東京ゲームショウ(略してTGS)をひょんなことから担当することになったさきやまです。

 

 

TGSといえば、毎年9月に幕張メッセで開催される言わずと知れたゲームのお祭りですね。アメリカで開催されるE3やドイツで開催されるGamesconと並んで、”世界三大ゲームショウ” と言われたりもする業界あげての一大イベントです。

どちらかというとコンソールゲームがメインのイメージでもあり、ここしばらくDeNAは出展を控えていたのですが、なんと6年ぶりに今年はブースを構え、出展させていただきました!

ちなみに2014年は、4日間を通して約25万人の方が来場されたようです。

 

ということで、今日はDeNAブース@TGSのレポートをお送りしたいと思います。


 

DeNAブースの特徴

今回TGSに出展するにあたって「いかに今のDeNAらしいブースにするか」担当一同かなり悩みました。自社で開発しているもの、パートナー企業様が開発しているもの含め本当に様々なゲームがあり、その全てをご紹介するのはなかなか難しい。

でもせっかく実際のユーザーさん(あるいはユーザー候補のみなさん)と直接触れあえるこの機会を大切にしたい。TGSの王道といえば大画面の映像に迫力のサウンド+試遊というイメージがあるものの、スマートフォンのゲームでコンソールの王道をいってもイマイチしっくりこない・・・。

あれこれ悩んだ結果、ブース全体は極めてシンプルなデザインとし、期間中に様々なステージイベントでブース全体をライブ会場のように盛り上げ、お客様にDeNAブースをとことん楽しんでいただこう! と方向性が決まりました。また、会場に来られないお客様にもイベントを楽しんでいただきたい、という思いから、TGS期間中のブースの様子をニコ生で放送することになりました。

 

もちろん、ステージイベントの合間でも十分楽しんでいただけるよう、ブース内では「美少女mobage」に登場するキャラクターのコスプレをしたモデルさんによるお出迎えや、様々なキャラクターの等身大POPをブースのあちらこちらに配置することで、好みのキャラクターと一緒に写真を撮っていただけるようにするなど、お客様が思い思いの時間を過ごしていただけるお楽しみもご用意しました。

 

開場前のステージの様子です。

もちろん、モバミちゃんもDeNAブースで皆様をお出迎え。

また、ブースに足を運んでいただいたお客様には、「美少女mobage」や「グランブルーファンタジー」がデザインされた紙袋(ショッパー)やクリアファイル、ステッカー等を配布、お持ち帰りいただく施策も実施しました。

 

 

現在TGS限定キャラ「Showroomちゃん」登場!

「DeNAらしさ」というところでもう一つの新しい取り組みとして、今回のTGSでは、DeNAの新規事業の1つであるShowroomで使われている「えぬすて」という、2次元キャラクターとリアルタイムで会話ができるシステムをDeNAブースの「顔」として抜擢することにしました。その名も「Showroomちゃん」(今思えばちょっとベタですね・・・汗)

 

「えぬすて」の基本機能では、表情の変化+顔が多少前後左右に動く、というものだったのですが、今回TGS出演にあわせ、会場の皆さんにご挨拶できるよう、手を振る動作を急ピッチで開発。急遽浮かんだこのアイディアに全力で対応してくれた社内メンバー各位には、運営一同驚き、ちょっと感動しました。

Showroomちゃんには、各ステージ前後でのお客様へのアナウンスや、ステージでのMCさんとの掛け合いなど、様々な場面でDeNAブースの顔として活躍してもらいました。また、毎日の朝礼や終礼(スタッフオンリーのMTG)でも、Showroomちゃんからエールをもらってスタッフ一同盛り上がるなど、チームの結束にも大きな役割を果たしてもらいました。

 

ちなみにこのShowroomちゃんの声、メインMCとして活躍してもらった松下唯さんと思われている方が会場でのニコ生の反応でも多かった気がするのですが、本当は、あっちゃん、こと中村あつみさんに担当していただいておりました。あっちゃん、Showroomの番組でも大活躍しているので、気になった方は是非Showroomの『あっちゃんの声優街道』をチェックしてみてください!


 

ステージイベント:ビジネスデイ編

さて、いよいよメインコンテンツのステージイベントについてご報告します。TGSの会期4日は前半が「ビジネスデイ」後半が「一般公開日」というたてつけになっており、ビジネスデイは招待オンリーということもあってメディアや業界関係者が比較的多く来場されます。

 

そこで、DeNAブースでも少し真面目(?)にゲームについて語るコンテンツをメインとして据えることになりました。初日は、「グランブルーファンタジーの開発秘話 〜大作RPGに秘めた想いとこれから〜」というタイトルで株式会社Cygames執行役員の春田氏と弊社赤川による対談、2日目は「京都発!和風ゲーム世界観のすゝめ!『妖刀 あらしとふぶき -Sword of Twins』」 ということで、株式会社ワン・トゥー・テン・デザインのアートディレクター中野氏と弊社プロデューサー沼田の対談、とDeNAが最近のものづくりについて考えていることをお伝えする場としてのコンテンツを2つご用意させていただきました。

 

ステージイベント:一般公開日編

一般公開日のステージは、お客様に楽しんでいただくことに100%振り切って、我々のゲームに関係するバラエティに飛んだステージをご用意しました。

 

TGS3日目、一般公開日初日となる土曜日には、美少女mobageの顔であるモバミちゃんの声を担当している声優の紫乃れいみさんをMCに迎えて美少女ゲームについて語るトークセッション「モバミちゃんの「はじめての美少女☆ゲーム」」(なんと紫乃さんのステージライブ付き!)から始まり、ニコ生でおなじみの「電人☆ゲッチャ」がDeNAブースにやってきた!「電人☆ゲッチャ! in DeNAブース」というステージで、ゲーム業界のレジェンド高橋名人と声優の明坂聡美さんが登場、DeNAのレジェンドタイトル『怪盗ロワイヤル』から最近の『三国志ロワイヤル』、海外で好調の『Godus』まで幅広く語っていただくステージライブをお届け、さらにさらに「『IS<インフィニット・ストラトス>』TGSスペシャルライブ」では、同タイトルの主題歌を歌っている栗林みな実さんが登場、迫力のライブステージでブースを盛り上げていただきました。

 

最終日となるTGS4日目は8月に発表した、君にシンクロするニュースアプリ『ハッカドール』のメインキャラクターであるハッカドール1号・2号・3号の声優を担当している声優の高木美佑さん、奥野香椰さん、山下七海さん(それぞれ1号、2号、3号役)にハッカドールのアニメでクラミ役の声を担当している紫乃れいみさんも登場、楽しいトークセッションとスペシャルライブで幕を明け、その後、mobageでのリリースが決定している「トリニティセブン」から声優の原由実さん、佐倉綾音さんに登場いただくトークイベント「トリニティセブン TGSスペシャルトークショー」、さらには、文化放送で4年以上放送されている「ラジオ トータル・イクリプス」の公開録音として、パーソナリティの中原麻衣さんと生天目仁美さん、ゲストに藤村歩さんをお迎えしての「ラジオ トータル・イクリプス エクスペディション」、と前日に負けない盛りだくさんなステージをお届けしました。

 

整理券はすべてのステージで事前に配布終了、ステージ本番も多くの方に来場いただき、非常に盛り上がりました。ニコ生の弾幕もステージ中ずっとガンガン流れており、会場でもニコ生でも多くのお客さまに楽しんでいただけたようで何よりです。(個人的には、声優さんイベントの時に会場の半数近くの方がしっかりサイリウムを準備されていることにビックリしました)

 

イベントの内容は各種メディアで記事としてとりあげていただいているので、ぜひご覧ください!(ハッカドールイベントの記事はこちら

 

4日間やり続けたにゃん!

ここまでご報告したステージに加えて、完全に我々の中でもダークホース的存在だったステージイベントがありました。その名も「みんにゃ!にゃんパズルをプレイするにゃん!僕達も応援するにゃ〜」。

 

内容は極めてシンプル。DeNAのタイトル『にゃんパズル』をステージ上で実際にお客様にプレイしていただく、その間はステージにあがっている全員が「XXXにゃん」とにゃんこ言葉で会話を続ける、たったそれだけ。せっかくニコ生もやることだし、ニコ生っぽいステージイベント何かやってみようよという話から、「スクリーンをにゃんにゃん弾幕で埋め尽くす!」という企画としてアイディアがあがりました。企画としては面白い気がする、でもこんなステージをTGSでやって我々完全に浮いてしまうのではないか、でも「らしい」んだったら気にせずやってしまえ!といろいろな声が上がる中、初日のステージが始まりました。

 

ステージ上には猫耳をつけた弊社”にゃんP”とShowroomとフジテレビのコラボ番組に出演しているディープガールのみなさん。「みんなで早速にゃんパズをプレイするにゃん」の声を皮切りに一気ににゃんこワールドの幕があきました。

正直、TGSのステージとしてはかなり異色だったと思います。でも、このステージが始まると、ものすごく盛り上がったんです。多分DeNAブースにはあまり興味がなかったと思われる通路を歩いている人が足を止めること止めること・・・。中には積極的に「にゃん語」を話してくれる来場者の方もいて、改めてユーザーさんと会話しながらゲームをすることの楽しさを実感しました。

 

ちなみにこのイベント、一瞬ですがNHKのお昼のニュースを飾ったんですよ。(ホント)


 

さいごに

つれづれなるままに色々書いてしまいましたが、少しは当日の様子をお伝えすることができたでしょうか?

6年ぶりの出展、しかもやはりメインはコンソールのこのイベントの中で、少しでも今のDeNAらしさやスマホゲームならではの楽しさ、DeNAのコンテンツへの想いを共有できる場になっていればと思っています。

 

また、短い準備期間の中、社内外の皆様に本当に色々協力をいただき無事にTGSの4日間を終えることができたこと、関係者の皆さんにもこの場を借りてお礼を申し上げたいと思います。