【告知】 10/29 DeNA×gloops “ブラウザゲームにおける挑戦を語る” 合同セミナー開催!

みなさん、はじめまして!
株式会社gloopsでプロデューサーを務めます、上田朋宏と申します。

今回、ご縁があってこのmobage developers blogに寄稿させて頂けることになったのですが、
DeNA様以外の方が記事を書くのは初の試みらしく、やや緊張しています(汗)

さて、突然ですが、みなさんRPGは好きですか?

僕は生まれて初めてプレイしたゲームが兄の買ってきた「FINAL FANTASY Ⅳ」で、親にやりすぎだとコントローラーを隠されたり、兄のセーブデータを間違って上書きして怒られたりしながらも夢中でやった思い出があります。

当時はFFやドラクエをはじめJRPGの黄金期で、「深く練りこまれた世界観」や「ファンタジー世界の冒険感、没入感」が強く感じられる名作ばかりでした。今リリースされているゲームを見ても、当時からシリーズとして続いているものがいくつもあると思います。

そんな少年時代の経験から、大人になって携帯のブラウザゲーム制作に関わるようになっても、”冒険できるRPG”を作りたいという想いをずっと抱えていました。

今のブラウザRPGは、いつでも手軽にできるという利点があります。また、やりこみ要素や成長要素もかなり用意されるようになってきました。しかし、冒険感が足りません。画面の向こうのファンタジー世界にトリップして、ワクワクするあの感じが、圧倒的に足りないのです。

僕たちは、世界で初めて、「ブラウザゲーム」と「冒険RPG」のハイブリッドに挑戦しています。

※画面は開発中のものです

画面は開発中のものです

image_02.jpg

街の住人と会話しヒントを集める。

ダンジョンを自在に駆け抜け、ボスを倒し、物語を進める。

そしてまた、新たな街で新たな出会いをする。

はっきり言って、携帯ブラウザゲームでここまで冒険感や物語性を打ち出したものは、なかなか無いんじゃないかと思います。

というより、今までは技術的な課題が多く、当ゲームで採用している動きなどを実現出来なかったという方が近いかもしれません。

“NBPFやWebの最新技術によって、ブラウザゲームの表現はどこまで進化したか?”

“そもそも、ネイティブ全盛の今、なぜブラウザゲームをつくるのか?”

“ブラウザゲームならではの利点とは?”

10/29(木)に行われる合同セミナーでは、gloops新作タイトルの開発画面を実際にご覧頂きながら、このタイトルを技術面含め強力にサポートして頂いているDeNA様と、上記内容についてご紹介させて頂く予定です。

Webの最新技術を知りたい方、RPGが好きな方、gloopsの新作タイトルに興味のある方はもちろん、ブラウザゲームを含めたモバイルゲームの開発・運営に携わる皆様にお役立てて頂ける情報をご提供する合同セミナーとなっております。

 

ぜひ、奮ってご参加下さい!!


◆日時:2015年10月29日(木) 18時開始 (17時30分受付開始)

◆会場:渋谷ヒカリエ21F セミナールーム
        ※受付場所:渋谷ヒカリエ11Fスカイロビー(オフィスエントランス横)

◆内容:
DeNA × gloops “ブラウザゲームにおける挑戦を語る” 合同セミナー「ブラウザゲームの革新~先進技術とマルチデバイス展開~」

■  なぜ今ブラウザゲームを作るのか ~gloopsの想い~
■  Web の進化は止まらない 革新的ブラウザゲームを支えるプラットフォーム技術
■  ブラウザゲームの表現の進化

また、セミナーにご参加いただく皆様との情報交換を兼ねた懇親会の場を、セミナー後に1時間程、ご用意させていただきました。当日は軽食や各種お飲み物もご用意しておりますので、ゲーム開発についてお話しましょう!

◆日時:2015年10月29日(木) 20時開始

◆会場:渋谷ヒカリエ21F セミナールーム

参加をご希望される方は、2015年10月22日(木)までに下記フォーマットにご記入の上、openplatform@dena.jp 宛てにメールにてお申し込みください。なお、お申し込み多数の場合は抽選とさせていただく場合がございます。

--------------------------
お申し込みメールフォーマット
--------------------------

【件名】DeNA × gloops 合同セミナー及び懇親会 出席申し込み

【本文】
◆ご出欠:
◆貴社名:
◆部署名:
◆ご出席人数:
◆ご芳名(全員):
◆Email(全員):
◆TEL:
◆備考:
--------------------------

ご多用中とは存じますが、皆様のお申し込みをお待ちしております。