【御礼】Mobage Developers Blog 1歳になりました。

皆様こんにちは。初代編集長のumako@もうすぐ出産です。

Mobage Developers Blogの産声

2014年1月31日。

震える手に滝のような汗を握りつつ初めての記事を公開したあの日から、早や1年。

めでたくブログ開設1周年を迎えることができました。

これもひとえに、率直な反応を多数お寄せいただいた読者の皆様と、記事を書いてくれたDeNAメンバーのおかげです!

 

今日はそんな皆様にどうしても感謝の気持ちをお伝えしたく、現編集長Wに「いいじゃないの~」と頼み込んでちょっとだけスペースをいただきました。(ダメよダメダメとはいわれませんでした。)

ただし、私はただの人なので、特に皆様に目新しい情報をお伝えする能力はないのであります。また手前味噌な内容にも触れるかと思いますが、その点はご容赦くださいませ。


 

ブログ開設まで

ブログを開設する以前、もっとMobageオープンプラットフォームのパートナー様のためにできることはないかと考え、満足度アンケートを実施し、多数のご意見をいただいておりました。その中でもやはり際立っていたのは「情報不足の課題」「ノウハウのご提供へのご要望」。

何より、運営している自分たちが、もっとパートナー様のニーズを把握し「カタチ」にしてご提供したいと感じていました。Mobage Developers Japan(デベロッパーサイト)の大幅改修や機能追加等も考えましたが(こちらも随時実施しておりますが)、この「想い」が継続されなければ意味がないと考え、最終的に誰でも容易に情報取得できる「ブログ」という手法を選択しました。

 

こうして、当初の編集部メンバーは

  • 当時のumakoのリーダー Eお姉さま (@現在育休中)
  • 前職でブログ運営の経験があるエンジニアリーダー I氏 (B型自由系)
  • そのリーダー率いるテクニカルサポートチームが全員で全力アシスト!!(人間力高い人の集まり)
  • ブログを技術面で支えるエンジニア チョイ氏(笑顔が素敵すぎ)
  • へっぽこ編集長umako

という、とても「編集部」とは言えないものの、想いはアツい有志で始まったのでした。


 

統括部長のホンネ

先日、年始のご挨拶とともに、当初からのブログの運営目的はビジネス開発統括部 部長の砥綿よりお伝えさせていただきましたが・・・私も公開された記事を見てびっくり。

まさか、企画を持ち込んだ際に、こんな風に思われていたとは!!「すぐに終わるだろう」って!!(自宅からブログ画面にツッコミ入れました。)

そんな様子をおくびにも出さずに「おう!いんじゃねえか??やってみろよ!」とGOを出してくれた統括部長様の懐の深さに大感謝ですね。こういうとこDeNAらしくて大好きです。

 

DeNAらしいといえば、ブログの寄稿者たち。

当ブログでは、特にジャンルを絞らず、パートナー様のお役に立ちそうな情報であれば何でも記事にしていくポリシーでやっており、依頼方法もumakoがいきなり会ったこともないのに、人づてに聞いた情報だけで依頼メールをぶっこんでくるという(乱暴な)方法です。(今はもっと整備していただいてるようです)

そんな状態の運営でも快諾してくれるのがDeNA人!!さらにはてブ400を超えるような記事を提供してくれます。本当に手前味噌なのですが、ブログの編集を担当して触れた「DeNA力」には毎度ときめきが止まりませんでした。

 

もちろん周囲を巻き込んで新たな寄稿者を紹介しあったり、「これどうかな」とネタの投げ込みアリ、記事のレビューに飛び入り参加アリと、ブログ運営が自走し始めた1年にもなりました。


 

パートナー様(読者の皆様)の反応に歓喜

これまでのMobageオープンプラットフォームからの情報提供は、技術ドキュメントの更新とニュースのみでした。ブログをはじめたことで、一方通行だった情報提供がコメントやツイートおよびアンケート等の回答を通して、徐々に双方向化している手ごたえを感じています。

 

人気のあった記事では、ありがたいお言葉や感想がツイート、ブックマークされる度に喜びをかみ締めておりました。

 

umakoを喜ばせてもどうしようもないと思いますが、常套句ではなく、いただいたご意見・ご感想はすべて拝見し、Mobageオープンプラットフォームの運営に反映しておりますので、これからも忌憚ないご意見をお寄せいただければ幸いです。


 

これから

1周年を迎えたMobage Developers Blogですが、世の中の数多ある有名ブログと比べてしまうと、まだまだ発展途上。ブログページのユーザビリティや情報精度含め、お恥ずかしい点もたくさんあります。

そんなひよっこブログでも、「そうそう!ちょうどこんな情報欲しかった!」「役に立った!」と皆様に言っていただき、一人でも多くの方のお目に留まるよう、編集部一同、日々研鑽し、社内外問わず新たなネタを探していく所存です。

2年目はパートナー様との密なコミュニケーションツールのひとつとなれるよう様々な可能性を模索していきます!

 

開発、運用、通勤の合間、お昼の休憩時間のお供として、これからもご愛読のほど、よろしくお願いいたします