コミックマーケット(C87)出展レポート

みなさんこんにちは。ビジネス開発統括部のハマイです。

2014年12月に、DeNAとして2013年の冬から3回連続となるコミックマーケット(C87)に出展しました!

この記事では、今回行った施策とその効果についてご紹介したいと思います。

 

その前に、皆さん簡単にコミケに関してご説明します。

コミックマーケット、通称コミケは年 2回行われる日本最大の同人誌即売会イベントです。

日本中、ひいては世界中から漫画やアニメのグッズや同人誌を求めて数多くの人が東京国際展示場(東京 ビッグサイト)に集うイベントで、

今回は12/28 ~ 12/30の3日間で約56万人(前回比 + 1万人)が来場しました。

 

■DeNAブースで行った事とその効果

さて、今回のコミケでは、大きく以下の9つの施策を行いました。

 

1. 大型ブースの設営

 前回同様企業ブース入り口横の最良の位置にてブースを3小間(3m×9m)で展開しました。

 位置が入口横(!)という事で常に来場者の往来があり、各コンテンツの訴求を効果的に行うことができました。

 

 

2. オリジナルも含むプロモーションビデオ20種のブース内大画面での上映

 コミケブース内の大型画面で放映するPVは、今回のコミケに合わせて作成したオリジナルも含まれています。来場者の方にとっても名物化しており、今回もPV目当てで大変多くの方にブースに来て頂きました。

 PVに見入ってくださる方も多く、嬉しい限りです!

 

 

3. 17タイトルのブース内ディスプレイでのデジタルサイネージ投影

 今回新たにブース壁面にディスプレイを4つ設置し、参加タイトルのデジタルサイネージを投影しました。

 どうしても会場内は暗くなりがちな中で、明るく動的なデジタルサイネージは来場者の方の目にとまり非常に効果的でした!

 

 

4. コミケ名物「ショッパー」の配布

 今回は配布数を前回対比で約1.5倍増やし、1.2万個配布しました。

 前回に続き大好評であっという間に配布完了しました!




5. カラー46P冊子 『電撃美少女Mobage』の配布

 冊子も前回の好評を受けて前回対比で約1.5倍増やし、6万部配布しました。

 こちらも前回に続き大好評でした!





6. 4タイトル6種の年賀状ポストカード配布

  今回新たに主要キャラクターからの年賀状風ポストカードを3万部配布しました。

 ショッパーや冊子と同様大変好評で、新グッズながら配布後間もなく全て配布完了となりました!



 

7. 9タイトル10キャラクターのコスプレイヤー合計7名の配置

 こちらもPV同様名物化しており、大変多くの方にブースに来て頂きました。

 来場者の皆様の熱気に負けず、コスプレイヤーの皆さんには大変お世話になりました!

 

 

8. ブース内でのニコニコ生放送

 今回新たな試みとしてコミケブース内からニコニコ生放送を配信しました。

コミケ初の試み(!!)という事もあり何かもゼロからの準備でしたが、関係各社及び社内のメンバーの多大な協力により大変すばらしいコンテンツとなりました。 

結果、3日間延べ約10万人の方に視聴頂き大変喜んで頂けました!


 

9. コミケ限定お年玉キャンペーンをMobage内で実施

 コミケ期間前後期間で(12/26~1/5)でMobage内で期間限定のキャンペーンを実施しました。

 キャンペーン内容は、コミケ出展の対象タイトルをインストールして頂くと応募券が付与され、

 今回各対象タイトルでご用意頂いた景品に応募できるというものです。

 会場で配布した冊子、ポストカード、そしてニコ生から導線を引いていた為、累計で約14万人の大変たくさんの方にキャンペーンに参加頂きました。

 

 

■効果

さて、今回のコミックマーケット出展はどのような効果があったのでしょうか。

 

まずはコミケご来場者のお客様に、今回プロモーションしたゲームを知っていただき、遊んで頂けた事が最大の効果です。

冊子やポストカードの二次元バーコードを通じて、たくさんのお客様にゲームのインストールをして頂きました。

具体的には、新規作品・既存作品ともに、通常日対比で約3倍の事前登録やインストールを記録しました!


 

■まとめ

という事で前回に続きコミックマーケットC87も無事成功しました。

 

やはりコミケのプロモーション手段としての効果を最大化する為には

当たり前ですが訴求すべき目新しいコンテンツも生み出していく必要があります。

ぜひ美少女Mobageとして力を入れていきたいところです!


 

最後に、ご協力いただきました全てのパートナー様と関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。

それではまた、C88でお会いしましょう!